収納
0

快適収納グッズ

家の中の片づけがうまくいかない場所、ありますよね?便利な収納グッズを使ってスッキリ片付けちゃいましょう。

家の顔!!玄関をスッキリお片づけして、突然の来客にも焦らない家にしましょう

お客様をお迎えしたとき必ず最初に目に付く玄関。あなたのおうちの顔であるこの玄関。

キレイにしていたくても靴や小物類も多く片づけが難しい場所でもあります。

「靴が何足も出たままの状態」「レジャー用品等の大きな荷物が出しっぱなし」「不要な傘がたくさんある」等々当てはまる状態はありませんか?

この、とりあえず物を置いてある習慣が玄関周りをゴチャゴチャさせてしまうのです。

その原因は収納場所が足りないこと・収納の仕方に問題があることが考えられます。

まずは靴の収納!玄関に合ったサイズのシューズボックスを使うことで、今までより沢山の靴をスッキリ片付けられますよ。

大容量のシューズボックスから薄型・スリムな型、沢山のサイズのシューズボックスが通り揃えられています。

既にピッタリサイズのシューズボックスを持っているが靴が入りきらないという方は、シューズラックを購入してよく使う靴はシューズラックに置くようにしましょう。

シーズン外れの靴や、普段あまり履かない靴はシューズケースを購入して、家の中の余裕のある収納スペースにしまいましょう。

傘は使う傘だけに絞って、家族分の傘が入るお気に入りの傘立てを購入。折りたたみ傘はシューズボックスの内扉にフック等を取り付けて収納しちゃいましょう。

その他、鍵などの小物はキーハンガーキーフックを置いてみると失くさずスッキリ収納できます。

せっかくの大容量収納スペース。隙間なく有効に使用できていますか?

押入れやクローゼットって扉がついていますよね?

人目につかないのをいいことに、ついついゴチャゴチャっとギュウギュウに荷物を置いたりしていませんか?

そうなると、いざ物を取りたい時に探すのが大変!

取り出すのも大変!ということになりがちなスペースです。

さらに、ギュウギュウに荷物を詰めてるつもりでも、押入れの奥行き・クローゼットの高さ等の大切なスペースを無駄にしてはいませんか?

大切な収納スペース!デッドスペースをなくして有効活用しましょう。

押入れで1番場所を取るのは布団ですね。普段使わないシーズンオフの布団は、ただ畳んで積み重ねていくよりも、布団袋に入れましょう。

フワッとしていて場所を取る羽毛布団等も、布団袋に入れればスッキリコンパクトに収まります。布団袋には防臭効果や抗菌効果のあるものもあります。

来客用などで使う頻度の少ない布団は、布団圧縮袋でよりコンパクトな収納もできます。

普段使いの布団は布団ラックに置いたり・キャスター付きの布団台に置いてより使いやすく工夫しましょう。

シーズンオフの衣類は、収納ケース・収納袋に入れましょう。押し入れ用の収納ケースは奥行きの深いものや、キャスター付きのもの等、沢山あります。

クローゼットも収納ケースを使ったり、クローゼット用収納ラック等を使ってスッキリ収納を目指しましょう。

限られたスペースを無駄なく活用。隙間にピッタリの収納グッズを探す!

洗面台や洗濯機のまわりは最も生活感の出やすい場所。毎日使うので出し入れも多く、すぐに散らかってしまう。

収納スペースはないのに収納する物の量は多くて困りますよね?

洗面所のスペースを無駄なく活用し、使いやすい収納を心がけましょう。

洗面台に小物を置くと、ゴチャゴチャとした印象が増します。まずは洗面台の下を活用しましょう。

洗面台の下はスペースが限られているし、空間の形も特殊です。

小型の洗面台下ラックなら、排水管をよけて組み立てができますし、入れたいカゴの高さに合わせて棚位置を設定できるので、無駄がありません。

普段使いのヘアケア用品や化粧品などは、洗面台の横にスッキリ収まるチェストやラックを置きましょう。

洗濯機周りには、ランドリーラックランドリーチェストを置いて、タオル類を収納しましょう。

トイレも限られた空間しかありません。上のあいた空間に突っ張り棒をして、カゴのBOXや、蓋付きの収納BOXなどを使ってお洒落に収納できます。

トイレットペーパーのストックと衛生用品、これらは便座に座ったまま取り出したいですよね。

吊り戸棚に入れていると、いざという時にサッと取り出せず不便です。便座に座って手の届く範囲にトイレラックを置くのが便利です。

トイレ用のラックは、トイレの狭い空間にピッタリなスリムなものや、コーナーにピッタリ収まるものが揃っていますよ。

食材を扱う場所!!だからやっぱりキレイに使いたい!衛生的で便利な収納を目指す

調理器具に調味料・お皿や食材まで、こんなに沢山どこに収納すればいいのか・・。1番悩む場所ですよね。

いつも使う道具は手の届く場所に出しておきたい。

ただし、置きっぱなしの状態ではなく、キッチンツールフックキッチンツールラックなどを壁に取り付けてフライパンやフライ返しなどを吊り下げれば、 スペースをとらずに収納できます。
調味料の収納には、小さなワゴンや調味料ラックを取り入れてみましょう。

シンク下には、シンク下ラックを置いて調味料や調理器具の収納を。奥行きがある場合はスライド式のラック等が便利です。

また、湿気のこもりやすい場所なので、下にスノコや抗菌シートなどを置くとカビ対策にもなります。

ゴミを分別するのが当たり前の昨今では、分別用のゴミ箱がいくつか必要になります。

キッチンのスペースに合ったゴミ箱のスタイルを選んで、棚の下を利用したり、冷蔵庫の脇など空いた場所を見つけて定位置を決めましょう。

中を仕切って使えるタイプのゴミ箱や、縦に積み上げるタイプ、レジ袋をそのままゴミ箱にできるようなレジ袋ハンガー等、種類豊富にあります。

調理中は調理台の近くに置けるようキャスターのついたものや、ペダルでフタを開閉できるものなど使いかたに合わせてゴミ箱を選びましょう。

Tags:

コメントを残す